Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

私を抱き寄せキスをしながらオッパイを揉んできました

私が、小学6年生の頃 父と母は離婚をして母は他の男性と結婚をしてしまいました。
お父さんと私との生活になってしまいました。
其の頃 私は顔にニキビが、出来て悩んでいました。

お父さんが、此の薬を飲めばニキビが、治ると言われ薬を飲み続けました。
驚いた事にニキビは綺麗に無くなりました。

其の頃は夏で母が、着ていたネグリジエをお父さんは私に着せました。
大きめなので嫌だと言っても私の言う事は聞いてもらいず母のネグリジエを着て寝ました。

20時頃 布団の中で週刊誌を読んでいたらお父さんが、私を呼んでいるのです。
起き上がってお父さんの部屋に行ったら お父さんはパンツ一枚でダブルベットの布団の中でうつ伏せになって私に腰を揉んでくれと言ってきました。

お父さんの足を跨いで腰を揉んでいるとお父さんは私を抱き寄せキスをしながらオッパイを揉んできました。
止めて お父さんと言っても無視されパンテイの中に手を入れてきました。
マンコの割れ目を開いたり閉じたりしているのです。

マンコは濡れてきました。
お父さんは濡れてきたなと言いながらパンティを脱がされてしまいました。
止めて お父さんと言いながら涙を流しても止めて貰えず、お父さんはパンツを脱いで私の股を広げ両膝を股の間に入れてきました。

私を抱きしめチンポをマンコの中に入れてきました。
奥まで入れられたら処女膜を破られ痛くて痛いと悲鳴を上げてしまいました。
お父さんはゆっくり腰を動かしながら佐代子気持ち良いよと囁いているのです。

腰を動かしながらキスをして舌を絡ましてきました。
ハアア~~気持ちいい  気持ちいい
私は痛いだけなのに

お父さんは気持ちいい  気持ちいいと言い続け私を抱き続けました。
佐代子 出る~ぅぅぅぅぅ~~~~~~
マンコの中に精子を出してきました。

お父さんと寝るようになり一日おきにチンポをマンコの中に入れてきました。
何回かセックスをしている内にお父さんに言われました。
生理痛の薬だと言われました。
低用ピルだったのです。

あわせて読みたい