私は14才でお父さんは32才でした。お父さんは私の部屋にパンツ一枚で入って来て私のパジャマとパンティを一気にお父さんに脱がされてしまいました。

お母さんは病気で亡くなり私は14才でお父さんは32才でした。
お父さんは私の部屋にパンツ一枚で入って来て私のパジャマとパンティを一気にお父さんに脱がされてしまいました。

私は驚いて後ずさりをしたのですが、両足をつかまれベットの布団の上に寝かされ、股を広げられ股の間に両膝を入れてきて私に抱きつきオッパイを舐めながらマンコを揉んできました。

嫌、止めて、止めてと言っても無視されマンコを揉まれていたら私の気持ちとうらはらにマンコは濡れてきました。
私を押さえつけながらパンツを脱ぎ捨てチンポコが、マンコの中に入ってきました処女膜を破られ痛くて悲鳴を上げてしまいました。

深雪、お母さんの代わりになってくれと私に言って、ポロリと涙を私の顔に落としました。
私の力は抜け抵抗する力は無くなってしまいました。

お父さんは私に有難うと言いながら腰を前後に動かし気持ちいいよ深雪と耳元で囁いてきました。
キスをされ舌まで絡ましてきて腰を動かし続けました。
私を強く抱きしめキスをしながら呻き声を出しマンコの中に精子を出してきました。

排卵日が、過ぎ生理が、近づいてきた時に抱かれたので安全日でした。
まるで私の身体をしりつくしているようで生理痛が、酷い事も知っていました。

お父さんに付き添われ産婦人科に行って低用ピルを貰い飲む事になりました。
あの時の涙は本当の涙か演技だったかは今でも解かりません

お父さんとお母さんと寝ていたダブルベットに寝るように言われ二人してダブルベットの布団の中に寝るようになり其の日から私とお父さんは裸で抱き合うようになりセックスをして中出しをされています。

今は25才になり結婚をしましたが、婿さんとりなので主人と私とお父さんと娘3才が、います。
主人が、夜勤の仕事をしているので夜はお父さんに抱かれています、もちろん中出しをされています。

セックスが、終った後はお風呂の中でシャワーでマンコの中を洗い精子をお風呂の中に流しています。
主人とのセックスは月に二回くらい其れも土曜日
後はお父さんに抱かれています。

せっかくマンコを洗ったのにお父さんは私を抱きしめマンコの中にチンポコを入れてくるのです。
娘が、寝た後にお父さんの部屋の中でセックスをするのですが、私が、行かないと私と娘の部屋に来て私の背中から抱きつきチンポコをマンコの中に入れてきてチンポコでマンコの中を突いてくるのです。

もちろん掛け布団をかぶって寝ているのです。

あわせて読みたい