私は高校生の時に黒人3人からレイプに会いました。

私は高校生の時に黒人3人からレイプに会いました。
私は学校の帰りに黒人にいきなり車に拉致されました。
私は身長が149㎝で見た目は超幼女で黒人は幼女好きでした。
確か、アメリカでは規制が厳しく父と娘が一緒に風呂に入るのも禁止されているとテレビで見ました。
黒人は「ロリ少女最高、小学生にもみえる」と言いながら、制服を脱がせ下着だけにされました。私は恐怖で何もできませんでした。
私は高校下着と言われる真っ白な物を付けていてそれに興奮したのか
「この下着最高。」といいながら匂いを嗅ぎながら、触ってきました。「やめて」といったのですが笑いながら無視されました。
下着も脱がされ、下着のマ○コのところを舐めていました。
そして、一人の黒人は「毛も薄くveryちっちゃいマ〇コ、幼女最高」と言い、マ〇コを舐められました。私は恥ずかしさと恐怖で泣きながら「お願いやめて下さい。」といったのですが「シャラップ」といわれ、その後マンコに指を入れていきました。
「イヤー!]私は叫びました。私は処女で痛みがありました。
「痛い、痛い、やめて!」といったのですが、「シャラップ!」と言い、一人はチ〇コを出しました。他の男の人のもの見たことないのですが、とてつもなく大きく長くていきなり口に入れられ、口を大きく開けないと入らなく喉の奥に無理やり入れられ、嗚咽をしていました。
私は、もう怖くてどうすることもできずしゃべることもできず黒人のチ〇コは臭くマ〇コは痛くて泣きじゃくっていました。
ついに、イマラチオさせていた黒人が「本番だな」と言い、私のマ〇コにチ〇コを当て挿入してきました。「私はそれだけはやめて、お願いします。」と言い、入らないようにマ〇コに力をいれ抵抗しました。あんな大きなものは入らないと思いました。最初は無理やり入れようとするのですが、入りませんでした。私は少し安心しました。しかし、黒人は慣れているのか、
「入らないマ〇コに無理やりいれるの興奮する。絶対入れる。」と言い、ローションをたくさん塗り、二人の黒人は指でマンコを開いて、これだけでも痛かったです。そして、巨大チ〇コを無理やり入れてきました。先がずっぽりと入り、
「やめてーーー、痛いーーーーー!」痛さのあまり叫びました。意識も飛びそうになり暴れました。しかし、黒人二人に押さえつけられ、さらに奥深く挿入してきました。私は号泣しながら「痛いーーーー。死ぬ。抜いて。」黒人は笑いながら、奥まで入れてきました。
「奥までいった。でもチ〇コの半分も入ってないけどね。泣きながら叫ぶ幼女を犯すの最高!」笑っていました。
「血が出てきたね。これも興奮する。」
私は押さえつけられ何もできず、痛さに耐えるしかなかったです。ピストンをはじめ、更なる激痛が襲い、「痛い、痛い」
と叫ぶしかなかったです。
何回かピストンされ「あ、いきそう。このまま中でいくぞ。」
「いやー。それだけはやめて。おねがい」
ピストンが早くなり、激痛も増し
「やめてーーー。」「あ、いくいくいくーーー」
中出しされました。私は黒人のレイプされた子を孕んだらどうしようと恐怖がわいてきました。
「幼女最高!」と言い、チ〇コを抜くとドロッと精子が大量に流れていくのがわかりました。
鏡でそれを見せられたました。私は妊娠の恐怖と、血が思った以上に出ていて、さらに号泣しました。
黒人はそれを見て笑っていました。
他の男たちが私にまた挿入してきました。また激痛が走り、騎乗位をさせらたのですが、痛くてほとんど動くことができず、
無理やり下からガンガンついてきて
「いたーーーーいーーーー!!!!」と何回も叫び、それを見て笑っていました。そして、中出しされました。
ずっと泣くしかなかったです。
イマラチオされ、顔に精子を出されました。初めて匂う精子は臭くてやばかったです。
何回も中出しされました。
苦痛と激痛でしかなかったです。
何時間もたち、夜中にどこかに置き去りにされました。
下着はとられ、髪は精子でべっとり。
通りかかった人と警察にいき親もきて大変でした。
黒人は国外へ逃げ未だに捕まっていない。
膣内裂傷、膣壁裂傷の被害に合い、アフターピルを飲んだのですが、妊娠もしておろしました。なんせレイプ時間が長く警察の事情聴取があり、病院いくのに時間がかかったのです。学校も辞めました。
今や制服専門の風俗嬢になり、人生めちゃくちゃです。